日本地形学連合/Japanese Geomorphological Union

日本地形学連合トップ > Announcements > 著作権委譲について

著作権の取り扱いについてのお知らせ

会誌『地形』電子アーカイブ化に伴う著作権委譲に関する告知(お願い)

  •  日本地形学連合(以下「本会」という)は,学会誌『地形』(以下「本誌」という)を1980年に創刊し,刊行してきました。30年の長きにわたり本誌を刊行できましたことは,ひとえに会員各位のご支援,ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
     その学会誌について,科学技術振興機構や国立情報学研究所では,インターネットウェブサイト上で公開する電子アーカイブ化を進めています。これは,不特定多数の関連研究者の本誌論文等の閲覧・引用を促進することが期待でき,本会でも積極的に推進する必要があると考えるものです。ただし,公開にあたっては,電子化された論文等はすべてが各機関のサーバに保存されるため,著作権が本会に帰属していることが条件となります。このため,本誌の電子アーカイブ化にあたっては,著作権法により,掲載された論文等の著作権(複製権,公衆送信権を含む)が著者から許諾または譲渡されることが必要となっています。投稿規定内に著作権規程を定めた2002年1月26日以降に掲載された論文等については,国立情報学研究所のウェブ上で閲覧できますが,それ以前に掲載された論文等については,著作権の委譲が明確にされていない状態となっています。
     これらの事情から電子アーカイブ化を一層促進するために,上記期日以前に掲載された論文等についても著作権は本会に帰属することといたしたく,著作権の譲渡をお願い申し上げる次第です。万一,この件に関しましてご了承いただけない場合,あるいはご不審の点がある場合には,2011年12月31日までに本会編集幹事会に文書または電子メールでお申し出下さい。
     本会は,このお知らせが著者の皆様の目に触れることを前提としておりますが,何らかの事情でこの件をお知りになる機会がなかった場合には,期限を過ぎましても個別にご相談させていただく所存です。なお,お申し出のない場合には,ご了承いただけたものとし,公開する条件が整いました時点で,論文等を電子アーカイブに掲載させていただきます。また,公開後も会員ならびに著者の皆様からの著作権に関する要望には柔軟に対応させていただきます。
                         2011年3月1日 日本地形学連合編集幹事会